タイムマネジメント力を付けたい人が読む本

システムエンジニアのほとんどは徹夜を経験し、仕事に忙殺される日々が続くでしょう。そんな毎日が続けば、恋人や友人との関係が悪化したり体を壊したりして、プロジェクトに悪影響を及ぼす事態になりかねません。24時間という平等に与えられた時間をどうすれば有用できるか、本を読んで参考にしてみませんか。

おすすめ本の1冊目は「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」(グレッグ マキューン・著)です。“より少なく、しかしより良く”を生き方のテーマに掲げ、どうしたら多くの事をこなせるかではなく、その時点で何に全力を注ぐかという考えにシフトしようと訴えています。人生の断捨離といったほうが分かりやすいでしょうか。シンプルに生きることの大事さが分かる一冊です。2冊目は「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 」(赤羽雄二・著)です。“ゼロ秒思考”と呼ばれる、瞬時に考えられる力を付けるためのトレーニング法が書かれています。精神面での堂々巡りから仕事のスピードが落ちてしまうことは多くの人が経験するでしょう。ここに書かれた単純なメソッドはそれを克服するためのものです。最後は“本を読む時間なんてない”という人へのおすすめ本で「TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」(ハイラム W スミス・著)です。タイムマネジメントというよりは自己啓発本寄りかもしれません。人生をコントロールし、時間と心の安らぎを得ることを最終的な目標とするメソッドが書かれています。重要なことを判別するためには自分の価値観をはっきりとさせる必要がありますが、本書ではそれをさらに優先順位を付けるようにと訴えています。

システムエンジニアの方にぜひ読んでいただきたい本を紹介したわけですが、いずれも自身の考え方や今後の行動を左右する本になり得るでしょう。技術力だけでなく、ヒューマンスキルを身につけることが成長へ繋がると思います。

Leave a Reply